vsgangstalkingnetworkのブログ

集団ストーカーに対抗するblogです。

創価学会について

創価学会大幹部の年収&末端信者の困窮 - 元サラリーマン大家!山田里志のリタイア徒然記


創価学会について詳しく書かれているblogがありましたので上にリンク貼らせて
頂きました。是非ご一読下さい。

静岡上空でUFOらしき物が見える・・・?

www.youtube.com
スマホで本日早朝、撮影できました。
飛行機にしては形が違うような・・・。

もしお読み頂いたらコメントなど頂けると幸いです。


アクセスカウンタも気付けば1000を超えました!
もしお読み頂けたら感想などコメントして頂けると幸いです。
何か今回の事件についての情報などありましたら教えて頂きたいです。

体調も操作などで変調されていますが、なんとか頑張って記事を
書いていこうと思います。

街頭演説中の政治家と握手をする

時間がほとんど取れなかった為、集団ストーカーについて調査追求をお願いして

握手してきました。

静岡の本日夕方頃の静岡駅前でした。

いつの間にか、、1000超え

1000アクセス超えてますね。

ご拝見ありがとうございます!

もしよろしければ、コメントも頂けると幸いです。

今後もご拝読お願いします。

1つ前の記事の一部転載

http://wakeup-world.com/2011/07/04/are-all-but-one-us-presidents-related/

要訳:

もしアメリカが1776年にヨーロッパの王侯貴族から「独立」したというなら、どうして歴代の大統領はヨーロッパの王族の子孫なの?もし大統領が「民主的」に選挙で選出されているのなら、大統領がことごとく英仏の王族の末裔になる確率はどれ位?

「表の米国史では”独立戦争”に”敗北”した英国と欧州の王族に、アメリカ人は常に所有され支配されてきている。」
マイケル・タツァーリオン

「もし本当に”自由の国”なら、誰でも本当に大統領になれ、遺伝子的な多様性が見られると予想するでしょう。バカもほどほどにしてください。米国の大統領はヨーロッパの王侯貴族と同じ程王族の血統なのですよ。」
デーヴィッド・アイク

以下のビデオはカリフォルニアの12歳の少女が宿題(数か月)でまとめた大統領達の家系図です。ブリッジアン・ド・アヴィニョンちゃん(BridgeAnne d’Avignon)12歳によると、大統領は一人を除いて皆イングランドのジョン王の子孫であるという。

「彼らは皆ジョン・ラックランド(John Lackland・ジョン王)の子孫です。」とブリッジアンちゃんはKCOYニュースに伝えています。(ビデオ・リンクは元記事参照)

ジョン (イングランド王)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン_(イングランド王)

「兄であるリチャード1世が戦いに明け暮れ長くイングランドを留守にしたため、イングランド王の勢力を削ごうとするフランス王フィリップ2世にそそのかされて王位簒奪を夢見ていた。本来なら王位につく可能性は少なかったが、1199年にリチャード1世が中部フランスで戦死してから状況が一変する。リチャードは即位当初、弟ジェフリー(ジョフロワ、ジョンには兄にあたる)の遺児アーサー(アルテュール)を王太子になぞらえていた。しかしその後アーサーはフィリップ2世に臣従してフランスの宮廷で育ち、さらにリチャードの臨終時にはまだ12歳であったため、リチャードは最終的に遺言でジョンを後継者に指名。前王の重臣ヒューバート・ウォルターをはじめとする、フィリップ2世の干渉を憂慮したイングランド国内の諸侯もアーサーを排除し、結局ジョンがイングランド王を継承したのである。

王位に就いたジョンは、フランス国内の領土をめぐってフィリップ2世をはじめとするフランスの諸侯と対立した。1203年、アーサーがジョン支持派に暗殺されるとアーサーの後見人を自負するフィリップ2世との全面戦争に突入するが、その戦いにことごとく敗れ、1214年までにフランスにおけるイギリス領をほとんど喪失した。また1208年には、ヒューバート・ウォルター亡き後に空位となっていたカンタベリー大司教の任命をめぐって、ローマ教皇インノケンティウス3世が推しスティーヴン・ラングトンを拒否するなど教皇と対立した。当初は多くの諸侯がジョンを支持したが、1209年に教皇はジョンを破門し、さらに教皇やラングトンの切り崩しが徐々に功を奏すると、ジョンは1213年に謝罪して教皇に屈した。その時一旦イングランド全土を教皇に献上し、教皇から与えられる形で国王に返還された。

こうした外交政策の失敗の後、軍役代納金・課税をめぐってイングランド国内の諸侯から反発を招き、1215年に国王が貴族や聖職者の権利を認めるという形でマグナ・カルタが成立した。しかし、教皇インノケンティウス3世による王権侵害でわずか2ヶ月で廃棄された。マグナ・カルタの廃棄宣言に不満を持つ貴族たちは、フィリップ2世の長男ルイの支援を得て反乱を起こした。戦乱の中、1216年10月にジョンは赤痢により死去した。」

たとえ遠い親戚であるとしても、人口3憶人強の米国でこれだけ見事にジョン・ラックランドの子孫が大統領になる背景は何か?(知っている人は知っている。)

また、アメリカで起こり得る事が日本でも起こっていないと云えるか?(起こっている。)

集団ストーカーを初め、世界の真実が暴かれる

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/783.html#top

 

上記のサイトで、世界の裏骨の構図が明らかにされてます。

集団ストーカーの犯人の母体を遡れば行き着く先は上記のページに至るはずです。