vsgangstalkingnetworkのブログ

集団ストーカーに対抗するblogです。

横須賀米軍基地フレンドシップデーフェスへの参加と、基地内による被害の状態について

f:id:ignis000:20170808221004j:plain

 

f:id:ignis000:20170808220917j:plain

 

8月5日土曜日に神奈川の横須賀米軍基地で一般公開を含めたお祭りが
ありました。


基地内の一部が一般開放ということで、その確認と、できれば、

集団ストーカー被害の内容について書いたレポートを軍関係者に

見て頂く為に、新幹線、電車、タクシーを乗り継いで行ってきました。

 

結果、海岸公園から、基地内に入ることができて、軍艦の上部にある

レーダーが稼働中の軍艦の作業員通路や甲板まで直接見学する事ができました。

しかし、軍艦内に居ても嫌がらせの声と身体の操作感は止みませんでした。

その場にいたアメリカの軍人もこちらをマークしているような素振りを
見せず、逆に友好的ともとれました。

しかし、それらの現地にいるスタッフ的な軍人の方に書類を渡そうと
思っても、操作で英語感覚がおかしくなっているようで英語が上手く

通じず、片言と日本語で粘ったのですが、結局書類を受け取って
貰えませんでした。結局その場にいた軍人は英語が主流語のようで
日本語は分からないようでした。

ただ大した事ではありませんが、入場時に身分証と荷物チェックが

ある注意書きがあったのですが、身分証は提示が不要で軽い荷物

チェック、そして金属類である時計は外さずにスキャンを通って

いいものでした。セキリュティが甘いのではと思いました。

特に被害者である自分はマーキングされているのでこれで済む
とは思いませんでした。


やはり米軍に訴えるなら上級クラスの軍人でないと意味がない

のかもしれません・・・。

電磁波測定器で自宅内の異常な電磁波を測定できました!

www.youtube.com

記事投稿と同日にトリフィールドメーターという電磁波測定器が手に入ったので
早速自宅内の気になる所や自宅周辺を測定して回りました。
では、早速リストアップします。

・自宅内

私室内全体的に ほぼ0ミリガウス

私室の寝所のお腹から頭を横たえる付近50c㎡位の位置 42.5ミリガウス

小型扇風機 70ミリガウス(電源を切ると0ミリガウス)

自宅入り口玄関の空調 40ミリガウス  (屋外の空調が剥きしている付近を測定すると同じく40ミリガウス
デスクトップPC 0~1ミリガウス
私室内電気傘 5.5ミリガウス

 

・自宅付近

室内私室用空調の排気ファン室外機 30ミリガウス

・ご近所さん周辺
D家の電力計(電気メーター)6ミリガウス

以上です。

結果、驚くべき所は三点ありました。
まず、かなり小型の扇風機から高い数値反応が出て、電源を消すと

消える事から、駆動部分自体からの発生か、あるいは何らかの埋め込ま
れた装置があるのだろうかという事です。

他にも私室内を床から天井まで確認しました。
そうすると基本的に何も電子機器がない空間や場所では電磁波がほぼ
0カウントでほぼ何も検知されませんでした。
加えて最後に寝所付近へのピンポイントな電磁波検知については
寝所で休んでいる時に、体が室温と関係なく熱くなったり、
思うように動かなくなったり、不自然なイメージ送信による

悪夢を見させられる事への準備もしくは実行の為に照射もしくは
実行待機用の空間作りの為のものが数値として検出されたかも
しれません。

ここまで計測器による検出のお話でしたが、実際どこでどれだけ
異常値を計測する事がこの事件の解決に繋がるか分かりません。

実際計測したデータをyoutubeにアップロードしています。

以下その動画です。

 

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/b51tazRkM9A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

静岡上下水道局水道部の自宅の水道水の検査結果


自宅の水道水が不味い。ぬるっとした感覚がある。

この事から、透明なコップに入れて、よく凝視してみると白い小さな
浮遊物が水の中に散乱していました。

そこで急いで地元水道局に水質検査を依頼すると、実際すぐ検査に来て
頂きました。そして、検査機で検査してもらうと結果は陽性!
自宅の水は地下の井戸水から水道管で水を引いて使っているのですが、
私有の井戸水の為に、私費で別の検査機関にしっかり検査をしてもらった方が
いいとの事でした。

しかし、何故か親は再検査を拒み、まだ至ってません。その為、自分用の
飲料水にはペットボトルの水やお茶などで済ませています。

 

上記の通りですが、今まで数十年実家の水を飲んでいて不審な事は無かった
ので、集団ストーカーの犯行者達が水道管や井戸に細工をして、不純物を
混ぜたかもしれません。近所の建築物や植樹、植物が何やら普通の状態では
ないように不審に配置されたり、伐採されたような形跡も見れるので
犯行者達の嫌がらせの一端と思われます。

飲食物に何か混ぜられている気がするとの犯行報告例は聞いた事があるので
皆さんも味や感触が気になったら、チェックしてみて下さい。

 

軍事秘密地下基地の存在

日本で公にされている地下軍事基地はほぼ無いはずですが、アメリカには東海岸と西海岸を繋ぐ、トンネル型の地下基地があるようです。

そこから考えると、日本にも大なり小なり地下基地があると思われます。

秘匿化された地下基地が存在するならば条約などで禁止にされている、生物実験や生物科学兵器の開発が行われているかもしれません。

身体操作

身体への操作がひどくなり、ひどい時には強引に眠らせる操作によって、一切自分の意思で起き上がれなくなるようになってしまいました。長い時で15時間程、意識が無いです。

加えて、指先や手による細かな動きを気付くか気付かないかのスレスレのラインで勝手に動かされます。

被害の無い人でも、自分で自らの気付かない範囲で操作があったら、気付かないと思います。

記憶が除々に消されていく・・・。


集団ストーカーと言えば、音声送信や思考盗聴など恐らく脳に影響した
被害も目立ちます。


自分の場合、それが特に顕著で、被害が進行するにつれ身体が操作される

ような違和感を感じる時もあります。

そして被害が始まってから10年以上経った頃の近年では、記憶が消されて
いたり、上手く思考する事や、話す能力まで干渉されて、衰えているようです。

自分で出来る対策は大体施して、少しでも緩和される方法はありましたが、
資金や体調の関係で完全にそれらを実行する事は出来ません。

ですので、折り合いをつけて工夫で凌ぐしかありません。

記憶の保管はメモ帳などを使い、周りからあまり見られたり知られたくない
ような対策法も、どうしても被害を軽減したい場合は使っていくしかないと
思います。


しかし、どの道この事件へ対応が煮詰まりますね・・・。

 

静岡にある工業技術支援センターの電波暗室の体験

前々から、電磁波シールドルームに入って音声、映像送信、思考盗聴の
被害がどうなるかを試してみたかったのですが、このblogを書いている
本日ようやく試す事ができました。

当初は自宅から遠くない場所での電波暗室(この頃は電波暗室と電磁波
シールドルームの違いに気付いていなかった)体験を考えていましたが、
近くの某有名電子系企業に電波暗室がある事をweb上で知り、レンタルを
希望しましたが、一般人向けには貸せないとの事でした。

そこで更にwebを調べ、地元の科学技術関連の研究施設では5千円~から
有料ですが、実験施設としてレンタルできる事をようやく見つけました。
その研究施設の電波暗室に見学という形で、無料でスタッフさんに

技術説明をして貰いながら入る事ができました。

結果、


・”電波暗室”というものは、電磁波シールドルームの中に、更に
検査する機械からの異常電波が、室内で乱反射しない作りをしている。
つまり、外部からの電磁波をブロックするシールドの中に更に、
壁面、天井一杯に発砲スチロールに炭素を混ぜ込んだ突起状の腕位の
大きさの物がびっしり並んでいて、室内で反響しない作りになっている


との事でした。


つまり、音声、映像送信、思考盗聴被害が電磁波などの送信、照射であると

予測して、それらが遮断されるであろう可能性がある所は、電波暗室
わざわざ向かわずとも、小型でも電磁波シールドルームに入ることが

出来ればなんらかのテストができるという事です。


ちなみに、自分がテストした限りでは、移動中の新幹線内では音声送信の
音の大きさと頻度が少なくなり、電波暗室内ではほぼ無い状態にまで様子が
変わりました。更に電波暗室へ入るとフッと体が軽くなる感じを覚え、
自然の多い川原などの近くに来た時と同じ爽やかさを覚えました。


音声、映像送信、思考盗聴被害を訴えている方は、国内でいいので

各所に移動してみるとどこか被害が少なくなる場所があると思われます。
個人的には機会があれば、海外へ出向いて飛行機の中と現地での被害の
様子を確認したいです。

 

体験談があれば是非コメントをお願いします。