読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vsgangstalkingnetworkのブログ

集団ストーカーに対抗するblogです。

他者blogのコピー&ペースト、させて頂きます。

  • 0163 ai 2015/11/09 09:54:34
    日本での集団ストーカーの歴史は、西洋文化が流れ込んで来た明治時代にさかのぼる。 
    明治の文豪である夏目漱石も、イギリス留学中から始まり、帰国後も集団ストーカーの被害に苦しんでいたといわれる。 
    その著書である「坊ちゃん」にも集団ストカーとおぼしき内容が書かれているし、その数年後、イギリスやアメリカでは、 
    集団ストーカー手法を題材にしたと考えられる映画や演劇が発表されている。 
    映画好きな人なら「Gas Light」「The game」という作品を見てもらえば、 
    集団ストーカーによる被害内容が、大体どのようなものか理解してもらえると思う。 
    日本のTV局だが、第二次世界大戦で日本がアメリカに敗戦した後、皇居の前にGHQの本部が置かれ、 
    米国は日本の政治や立法に介入し、TV局の開局や運営にも関与し、報道規制、情報操作等をしてきた。 
    米国やイギリス、国連への批判をしないように報道規制し、日本への原発導入時には、原発をクリーンで持続可能な未来のエネルギーと宣伝したのもその一つ。 
    簡単に言うと、彼らは、日本人の利益のためには動いていない。 
    また、集団ストーカーは、国際的に行われている事象であり、それは欧米から持ち込まれている。 
    被害者が共通して受けている、ネットのアクセス記録、位置情報、電話の通話内容や履歴などの不正取得といった被害は、 
    エドワードスノーデンが暴露したNSAによる諜報活動の内容と重なる。 
    欧米でも日本の集団ストーカーと全く同様の被害が報告されているし、ギャングストーキングなどと呼ばれ、訴訟も起きている。 
    これらの事を知らなければ、何故マスコミが集団ストーカーの発覚を恐れて、被害者を「統合失調症」として隠蔽しようとしてるのかが、理解できないはずである。